2017年1月13日金曜日

半導体と写真

水曜日担当の木我です。

半導体と写真。
この2ワードに実は深い関係があることをご存知ですか。

私は今、半導体シリコンを研究していますが、そこで用いるリソグラフィーという技術が写真にとても似ているのです。
リソグラフィーで露光・現像すると緻密な像が現れてくる瞬間の何とも言えないおもしろさが、写真部員時代に楽しんだ暗室作業のそれと全く同じです。

半導体の製造は写真技術の超ハイテク版です。
ここでいう写真技術というのは、光を取り込んでフィルムに焼き付ける"銀塩写真"のことです。

銀塩写真とは、銀化合物に光を当てると化学変化を起こし黒ずむ性質を利用し、
さらに暗箱とレンズとを組み合わせて写真を撮る方法です。
デジタルカメラが主流になるまでに我々が使っていたフィルムカメラの原理がこれです。
この発明は人類にとって革命的でした。19世紀中ごろの事でした。
古今東西「景色を絵に描いて残す」ことに取り組んでいたことを考えると、この魔法の様な道具の発明はつい最近の事なのです。

当時見たものを"そのまま"写し取る写真技術の発明は、
芸術の世界にも大きな影響を及ぼしたと言われています。
見たものを写し取る技術としての画家の目と腕はカメラに取って代わられ、
更に、カメラで"瞬間を切り取る"ことの面白さは印象派画家の表現にも影響したと言われています。

こうして景色を写し取る技術として発明された写真は、
現代では半導体素子を現実に作りこむ技術に応用されています。
1947年に米ベル研究所バーディーン、ブラッテンらによって、点接触型として発明されたトランジスタは、1959年になるとフェアチャイルド・カメラ社(フェアチャイルド・セミコンダクター社への出資会社)のハーニーによってプレーナー型に改良されました。これが、現在も続く、写真技術を用いた半導体素子の大量生産の始まりです。

現像した後のネガを眺めた時に、驚くほど細かい像が残っているのを
見たことがある人もいると思います。
カメラのフィルムにあたる部分を半導体シリコンに置き換え、そこに設計した回路パターンを
"光"や"電子"を使って当ててやると極々微細な回路が大量に焼きこめます。

皆さんがこの記事を読むときに使っている、スマホやPCのチップも、皆このように作られた半導体です。
半導体はすごいですが、実はそれは写真抜きに語れないのです。


2016年12月13日火曜日

四大発表

こんにちは!
火曜日13:30~15:00担当の新安です。

先日は四大学のポスター発表に参加したので
その体験について書こうと思います。


毎年、慶應・早稲田・東京理科大・首都大の4つの大学から
様々な素材について研究している研究室から数名メンバーが集まり、
互いに自分の研究内容をポスターにして発表しあう場が設けられています。
私たちの研究室ではこれを四大発表と呼んでいます。


ポスターというとチラシのようなものをイメージされるかもしれませんが、
研究におけるポスターとは、A0判1枚に自分の研究成果を
グラフや表や図を用いてわかりやすくまとめたものです。


この四大発表は、私の研究室では毎年修士1、2年が参加するため、
今年修士1年の私にとっては初参加となりました。


準備としてはポスターをつくることなのですが、
発表スライドをつくるときと似ているので
そんなに苦労はしないだろうと思いきや、
ポスターは紙面の制限があるのでグラフや図の
配置にはかなり時間がかかりました。。。

いつものスライドとは大きさが違うので
図の大きさがどのくらいでちょうど良いのか試行錯誤しました。

パソコンをカチカチし、パワポ上でポスターが出来上がると今度は印刷です。

A0判もの紙に印刷するなんてどうやってやるのだろうと思うかもしれませんが、
理工学ITC入口を入って左側に大きな機械があるのをご存知でしょうか?
あの黒っぽい大きな機械は大判の紙を印刷できる機械で
横のパソコンにデータを入れて設定することで印刷ができます。

自分も初めて操作しましたが、印刷されて出てくるポスターを見て
これが自分のポスターか~と感慨深い気持ちになりました。


今年は慶應大学が発表会場だったので、
当日はいつも通り矢上に向かい、ボードに自分たちのポスターを貼り付けました。

発表時間は1時間半。その間ポスターの横に立って、
見にきていただいた人に説明したり、質問に答えたり。

長時間立ちっぱなし、話しっぱなしになるので結構疲れます…!
特に今回私はお客さんがひっきりなしにきたので
終わる頃には喉がカラカラになりました。

自分の発表時間が終わると今度は他の人の発表を聞きに行きます。
自分と関連のある研究のお話を聞くことができ、大変参考になりました。


この四大発表でポスターづくり~発表の流れを
一通り経験することができ勉強になりました!


新安

2016年12月7日水曜日

3キャンパスの学生による合同トークセッション開催!(12/15 於 日吉)

トークセッション!!!
というよりは、少し規模が大きめな学生生活相談窓口だと思って、気軽に足を運んでください!
今回は3キャンパスから文系・理系の学生スタッフが集まり、それぞれ同じテーマについて話し合うので、普段より面白い話が聞けると思いますよ~!

矢上キャンパスからは定光が登壇します!
それでは、日吉でお待ちしております!!!


【概要】
日時:2016年12月15日(木)16:30-18:00
会場:日吉図書館1階ラウンジ
登壇者:
・学習相談(日吉キャンパス)
・ラーニングサポート(矢上キャンパス)
・ライティング&リサーチコンサルタント(湘南藤沢キャンパス)
 より、各学生スタッフ。
定員:制限なし(入退場自由)
申込み:不要
詳細はこちら

※理工学メディアセンター創想館1階でもリアルタイム中継を行う予定です。日吉に行けない方は、
 ぜひご覧ください。


2016年11月28日月曜日

初めての海外学会発表体験記 【ポスター編】

お久しぶりです!
定光です!

先日、台湾で開催された国際学会へ参加してきましたので、その体験について書きたいと思います。

【ポスター編】【口頭発表編】【番外編】の3部構成でお送りしたいと思います。
今回は、その最初の【ポスター編】です。


さて、初の海外でのポスター発表、「どんな構成にしようか」「どこをどう主張しようか」、真剣に悩みながら取り組むと思います。私もそうでした。

しかし、肝心な落とし穴は意外なところにありました...。
何だったと思いますか???



.........まさかの輸送手段です。。。

何ぞ、それ???って思いますよね?
多分周りからの助言が無いと、本当に盲点になる部分だと思います。。。

今回の私は「A0」サイズのポスターを作りました。
これをポスターケースに入れると、大体サイズが「90 cm×10 cm×10 cm」になります。
しかし、JALの航空機へ持ち込める手荷物のサイズ制限は「55 cm×40 cm×25 cm」だったんですね~。

作り終わってから気付いたけど、制限オーバーしてるじゃん!!!
身から出た錆。後悔先に立たず。覆水盆に返らず。


じゃあ預け荷物にすればいいじゃん?
確かにその方法もあります。しかし、問題はしばしば紛失例がある、ということですね。


結果、チェックイン時にポスターの機内持ち込みは断られました。
が、そこは私あきらめが悪いので、全力で土下座したところ 「紛失されたら本当に困るんです」と真剣に交渉したところ、機内持ち込みを特別に許可して頂けました。(但し、客室乗務員のお預かりになりました...。)

というわけで、以上を踏まえてポスターの作成の仕方をまとめたいと思います!
周りの発表者と色々話したところ、主に3つのタイプの作成の仕方があるようです。

① 巨大ロール紙への印刷(私のケースです)
〈利点〉 特になし。オーソドックスな方法。高くもなく安くもなく。
〈欠点〉 航空会社によっては機内持込不可の可能性あり。事前に要確認!!!

② 布への印刷(最近多い?)
〈利点〉 折りたたんで運べる。布とプリンターの種類にもよるが、画質も良い。
〈欠点〉 コストが非常に高い。折りたたむと多少折り目が気になる。

③ 複数の紙に分ける(少数派?)
〈利点〉 コストが安い。輸送手段としても一番確実。
〈欠点〉 見た目が非常に安っぽい。


なお、いずれの場合もポスターの入っているケースや鞄には、「氏名・E-mail・滞在先・学会名」くらいは書いておくことをお勧めします。うっかりどこかに置き忘れたときに大変役に立ちます!(え、何のことでしょう???)


ポスターの内容や構成については、指導教員と2週間くらい前から相談するのが良いかと思います。(分野によって作成の仕方が全然違うと思うので)

個人的には、項目ごとに細かく枠で区分されているポスターが見やすかったな、という印象です。あと、図やタイトルは大きめに作った方が、分かりやすいポスターになりますね。


次回は【口頭発表編】を書きます!
ご期待ください!


再見(さようなら)!

2016年11月25日金曜日

ハンドブック(便覧)のすゝめ

こんにちは。

金曜日担当の木村です。

今日はハンドブック(便覧)について書きます。

ハンドブックとは、特定の分野で必要な事項を簡潔に説明した参考図書のことです。

ハンドブックは

1.知りたい事柄の内容をざっくりと理解できる

2.その事柄の、その分野における位置づけを把握できる

3.参考文献が豊富であり、その後の調査の助けになる

という点で便利です。

本の一部分しか使わないため個人で買うには高価です。図書館では無料で閲覧できるので、図書館で利用するのにもってこいの本だと言えます。

例えば「メッシュフリー法」という初めて聞く単語について調べることになったとします。

とりあえずKOSMOSで調べてみます。



日本語の書籍は1冊しかないようです。 「メッシュフリー法」では科研費報告しかでてきませんでした…


英語の書籍なら参考になりそうですが、予備知識もない状態で読み始めるのは苦労しそうです。


ウィキペディアには簡単な概要がありました。メッシュフリー法は有限要素法に近い手法のようです。
しかし、数式は全く出てこない上、参考文献もありません(2016年11月11日時点)。
※ちなみに有限要素法は偏微分方程式の代表的な数値解法の一つです。

メッシュフリー法が数値解析手法の一つだと分かりました。
そこで計算力学ハンドブックを見てみます。


オンラインでの閲覧も可能です。

ここでは数式も用いた説明が18ページに渡ってなされています。また27本の論文が紹介されています。
これで基本的な知識の習得と、次の調査への足掛かりができました。


オンラインのものだけでも、「有機化合物結晶作製ハンドブック」や「混相流ハンドブック」、「カウンセリング実践ハンドブック」などたくさんのハンドブックがメディアセンターには揃っています。
知らないものについてはもちろん、知っていると思っていた事柄についての発見もあるかもしれません。

ぜひ活用してみてください。


木村



2016年11月22日火曜日

研究室合宿

こんにちは!
火曜日後半担当の橋本です。

夏休みに、研究室の合宿で草津に行きました。
今回は、その合宿について書きたいと思います。

日程は2泊3日で、その間に1人1回の発表を行いました。
私の研究室には、B4からM2までが所属しています。
B4は研究室に配属されたばかりなので、論文を読み、その内容について発表しました。
M1以上は自分の研究の進捗報告をしました。
質疑応答も含めて、1人1時間程度時間を取って行いました。

前回の記事で紹介させていただいたように、私は数値計算に関する研究をしています。
発表では、まず研究背景について紹介し、次に理論的な説明をし、最後に実際にコンピュータ上で行った数値実験の結果を報告しました。
お互いの研究を理解し、質問やアドバイスをし合う良い機会になりました。

足湯に入った場所からの眺め。
合宿では勉強ばかりしているわけではありません。
空いている時間には、温泉に入ったり、宿泊したホテルにあるスポーツ施設で遊んだり、美味しい食事を楽しんだりしました。
具体的には、パターゴルフやアーチェリー等をしました。
昼食をとった場所の近くに足湯があったので、足湯にもつかりました。
草津には美味しいものがたくさんあり、温泉も最高でした!
研究室のメンバー同士で交流を深めることも出来たので、楽しかったです。

合宿は毎年行っており、去年もB4として参加しました。
ただ、今回は後輩が入って来たこともあり、去年とは一味違った合宿になったと思います。

橋本

2016年10月25日火曜日

高分子討論会

こんにちは!
火曜日13:30~15:00担当の新安です。

9月中旬、高分子討論会(学会発表)に行ってきたので
その時のことを書こうと思います。


学会参加が決まったのは6月頃。
教授から突然「9月に学会があるから新安さん出ようか」と言われました。

私にとっても初めての学会発表ということで緊張しましたが、
「この学会は優しい人が多いから大丈夫大丈夫」と励まされ?
比較的落ち着いた気持ちで望むことができました。

(発表後の聴講者からの質問にて、
鋭い質問が飛んでくる“厳しい学会”もあるらしいです。。。)


準備としては、
①高分子学会の入会申し込み
②討論会参加申し込み
③発表内容を登録(予稿作成)
を7月上旬までに済ませ、

7~8月にかけて発表用のデータをまとめる作業に入りました。

そして9月には、発表用データをもとにスライドを作成し
教授の前で発表練習などを行いました。


むかえた当日は、私がその日の最初の発表でした。

発表すること自体は、スライドの内容とどのデータをどういう流れで
説明していくかを事前に頭に頭に叩き込んで、あとは当日その通りに
話していけばいいので、発表時間を超過しないように気をつけようという事以外
特に心配はしていませんでした。

しかし、発表後の聴講者からの質問は、
どういったものが飛んでくるのかわかりませんし、
「答えられなかったらどうしよう…」と少し不安に思っていました。

結果としてはそこまで厳しい質問は飛んでこず、
比較的答えられるものだったので落ち着いて話すことができたと思います。


自分の発表後は先輩方や自分に関連のある
研究をされている方の発表を見ました。

学生や教授など様々な方が発表するのですが
やはりベテランの方の発表は自分とは違うなあと感じました。
話慣れていて、詳しいけれどくどくない説明の仕方だと感じました。


今回の高分子討論会は神奈川大学と非常に近くで行われたため
学会終了後はそのまま研究室へ戻りました。

しかし、毎年いろいろな場所で行われるため、泊りがけになることもあります。
泊まりの場合は発表後も時間があるので、観光したり美味しいものを食べたり、
学会を終えたご褒美に発表メンバーで少し遊んで帰ります(笑)

近いとスッと行ってスッと帰ってこれますが、
泊まりなら発表&旅行という楽しみがあるのでどちらが良いか…


高分子討論会は来年愛媛?で行われるらしいので
今度はもう少し旅行気分も味わいたいなあと思いました(笑)


新安